大人ニキビを一日でも早く治したいのなら、生活習慣とスキンケア習慣を正しましょう

大人ニキビはなぜ顎に多くできてしまうのでしょうか?

image

思春期の時には顎にニキビができることなんかなかったのに、大人になってからニキビができると、アゴ周辺にできることが多くなった、という人はとても多いです。

もともと顎は皮脂の分泌が比較的少ない部分なのですが、その反面ニキビができた時にはとても治りにくいのが特徴です。

なぜ大人ニキビが顎にできるのかというと、ストレス、睡眠不足、食事の栄養バランスの偏りを始め、日焼けや寝汗によるもの、メイクの汚れなど様々なことをあげられます。

ニキビができているときに日焼けしてしまうと色素沈着しやすくなり、ニキビ跡になってしまいやすくなります。

また、メイク落としをした時にきちんと落としきれていない場合もニキビの原因になってしまうので気をつけてください。

食生活の面において、唐揚げや天ぷらなどの脂っこいもの、スナック菓子、そして糖分の高いお菓子などを沢山食べるのもニキビ発生の要因です。何事もほどほどが一番なのです。

ニキビの具体的なケア方法(スキンケア)

朝・晩の洗顔編

朝は水洗顔だけで、夜はニキビ用洗顔フォームで洗うのが望ましいです。何故かと言うと、朝晩両方とも洗顔フォームを使うと皮脂を取り過ぎてしまって逆にニキビができやすくなってしまいます。

ニキビの原因の一つは肌が乾燥することにあります。肌が乾燥することで皮膚が肌を外部から守るために過剰な皮脂分泌を行った結果、にきびが出来るパターンは多いのです。

ですので、皮脂は決して悪いものではなく、肌表面のバランスを保つためにも必要な物とおぼえておきましょう。

洗顔後のケア編

洗顔後は皮脂が洗い落とされている状態なので、肌の保湿が不可欠になります。ニキビ用の化粧水を使うことで、殺菌と消炎を両方行うことができるので一石二鳥ですね。

また、肌がどうしても乾燥してしまうのであればクリームなどをうっすら塗ることで対処しましょう。

注意点は、決して塗り過ぎないということです。塗りすぎると皮膚の油分が過剰になり、ニキビの原因となってしまうからです。

紫外線対策編

夏になったら紫外線対策として日焼け止めクリームを塗るという人も多いでしょう。しかし、日焼け止めクリームをニキビができている肌に塗るのは得策ではありません。

日傘や帽子といったアイテムで間接的な紫外線対策を講じていきましょう。

大人ニキビを治すにはかなりの手間と時間がかかります。規則正しい生活リズムを作ることや、ストレスを可能な限り減らす、自分の肌にあったスキンケアをするといのはなかなか難しいものですが、諦めなければ必ず大人ニキビを治すことはできます。

貴女にピッタリの大人ニキビケアを見つけられることを祈ります。